住宅リフォームにかかる費用

中古住宅を購入してリフォームする場合の費用の目安です。

 

当社ではリフォーム業者のご紹介、アドバイスなど色々行っています。

お気軽にご相談ください。

 

尚、中心価格帯は最も一般的な金額です。

 

また「次世代住宅」としてポイントが得られる場合があります。

資料などは当社にご用意があります。

水回りのリフォーム

増築を除けば最も単価の高いリフォームになります。

注意点として、位置を動かせば必ず配管工事がついてきます。

 

設置する物により金額は大幅に変化します。


キッチンのリフォーム

中心価格帯100万円~150万円

 

単純に言えば本体価格+施工費用なのですが、施工費用が状況に応じて大きくことなります。

 

そのままの場所に交換する場合サイズが合えばは簡単です。

配置を動かすと配管工事なども必要になるので費用は大きくなります。

 

アイランドキッチンなどをする場合は外壁から離れるので排気ダクト(つまり換気扇)も必要になり、大抵天井を通すことになります。

 

もちろん施工御者や配置する金額によって大幅に金額は異なります。


トイレのリフォーム

中心価格帯30~40万円

 

単純に便器を入れ替えるだけならそれほど大きくはかかりません。


浴室のリフォーム

中心価格帯100~150万円

 

お風呂の場合古いお家はタイル張りの所も多いので状況によってはさらに費用が発生します。

タイルの内側はモルタルやブロックなので、ユニットバスに交換する場合撤去費用がかかります。

また、サイズも古いお家はまちまちなので、近頃の主流サイズのお風呂が入らない場合が多いです。

その分建て増しが必要になるとかなり費用がかさみます。


洗面のリフォーム

中心価格帯20~30万円

 

入れ替えるだけなら簡単ですが、サイズにはご注意ください。


居室のリフォーム


中心価格帯200~400万円

 

結論を言えば水回り以外のすべてのスペースです。

単にクロスを張り替えるだけならあまり費用はかかりませんが、和室を洋室にするには下地処理に費用がかかります。

また、壁を移動する場合簡単に移動できる壁とそうでない壁があります

撤去すると耐震性能が落ちてしまったりする壁は動かせないですし、筋交いや柱が多い壁は動かすのが大変です。

コンセントなど増やすと電気工事費用も発生します。

 

増築

中心価格帯200万円

 

10㎡(およそ6帖)を以上か以下かで費用が大きく変わります。

10㎡を超える場合、建築確認の申請が必要になるので、申請費用など追加されます。

 

費用目安

お客様からのご質問で「ザックリいくらかかるの?」と言うのがあります。

 

「だいたい」で「アバウト」にお答えしますと・・・

1000万円

です。

普通に内部をリフォームした場合の目安です。

 

もちろん、使用する素材や設備によりかなりコストダウンは可能ですし「有る物を生かす」事もできます。

キッチンなどもピンからキリまで様々な商品があります。

まとめ

単純に計算すると「中古物件所得費用」+「リフォーム費用」となり購入した費用が1000万円なら総額2000万円となります。

結論から言えば手頃な価格の建売より少し安いぐらいの費用となります。

 

ただ、新築と大きく違うのは予算をオーバーした場合下げるのは容易な事です。

早い話妥協すれば安くできます。

 

例えばクロスの張り替えだけにする、浴槽は変えずコーティング処理する、キッチンを低価格な物にする・・いくらでもあります。

贅沢を言わなければ200万円ぐらいでなんとか室内の見た目を整える事はできます。

 

ただ古い物件、特に旧耐震の場合耐震工事が必要な場合がありますし、断熱や電気配線などはやり替えないと漏電の危険があります。

 

耐震化、エコ性能の向上には補助金が出る可能性があります。

更に、バリアフリーや三世代同居対応にも補助金の設定があります。

 

ただ、これらは制度自体が非常にややこしいので、施工業者さんと綿密に打ち合わせしてください。